血糖値が高いと言われたことはありませんか。

どうしても、50歳代を超えると健康診断の結果が気になりますね。

そもそも血糖値とはどういうものなのでしょうか。

炭水化物や糖類などは小腸でブドウ糖として吸収されると血液にのって体中に運ばれます。

 

この血液の中のブドウ糖が血糖でブドウ糖の血液中の値が血糖値です。

ブドウ糖はエネルギー源として脳やその他の組織で使われますが、使い切れなかった分は肝臓でグリコーゲンとして蓄えられ、余分な部分は中性脂肪として蓄えられます。

血液中のブドウ糖は膵臓から分泌されるインスリンによって常に一定の濃度に保たれています。

 

食事の後は血糖値が上がるためインスリンの分泌は活発になります。

血糖値が高いイコール糖尿病と心配になりますが、多くの糖尿病の患者さんは突然糖尿病になるわけではなく、いつからか徐々に進行して気が付いたら糖尿病と診断されたというケースが多いようです。

糖尿病とは断定できないけれども、正常値よりは血糖値が高い人を境界型糖尿病といいます。

 

空腹時血糖値が110~126の間で、ブドウ糖負荷2時間値が140~200の間に入っている人は境界型糖尿病患者と考えられます。

この血糖値が高い状態を放置しておくと将来糖尿病になる確率が高く、動脈硬化が進んでいる人も多いので、食生活をはじめとした生活改善が必要となります。

 

血糖値が高い境界型糖尿病の場合、まだ糖尿病というわけではないので治療を必要としないケースが多いですが、予備軍であることを忘れてはいけません。

血糖値が気になりだしたらラカントsを砂糖の代わりに使用してみましょう。

ラカントsの成分は羅漢果の高純度エキスとナシなどの果物やワインやキノコなどに含まれる天然甘味成分エリスリトールからできています。

 

ラカントsの羅漢果は高純度の濃縮エキスですので、少量で体内の活性酸素を排除する働きをしてくれるといわれています。

またラカントsの99%を占めるエリスリトールは難消化性糖質という消化されにくい糖質で90%以上が尿として排出されるため血糖値の高い方にも安心してご利用いただけます。

 

>>ラカントSの詳細はこちらです<<
 

糖質制限ダイエットは危険?という話題がありましたね。

糖尿病の食事の場合はカロリー制限があるため、糖質制限食となりますが、ダイエットを目的とした行き過ぎた糖質制限食は健康に良くないという話がありました。

糖質制限ダイエットとはどういうものなのでしょうか。

 

糖質制限ダイエットは糖質、炭水化物を抜くダイエットです。

炭水化物の糖質は血糖値を上げますが、血糖値を下げるために膵臓からインシュリンが分泌されます。

血糖はエネルギーとして使われ使いきれなかった分はグリコーゲンとして肝臓や筋肉に蓄えますが、それでも余った糖を体脂肪に変えて蓄えるため炭水化物の摂りすぎは肥満につながります。

 

エネルギーが不足すると体脂肪がエネルギー源として使われるために痩せる、糖質制限ダイエットは評判となりました。

炭水化物を抜く代わりにタンパク質、野菜など他のものはお腹いっぱい食べられて空腹知らずのダイエットといわれていました。

しかし、炭水化物に比べてタンパクの消化は時間がかかり、量も必要となり、足りない分はタンパク質を構成しているアミノ酸から肝臓が糖を作りだします。

 

体重は減りますが、筋肉がやせていってしまい、肉や脂質の摂りすぎで悪玉コレステロールを増やしてしまう結果になるケースがあります。

普通にご飯、パンなど炭水化物をとりつつ効果的に糖質を抑える食事をするのに有効なのがラカントsです。

ラカントsを砂糖に置き換えて使用すると、血糖値は抑えられ必要な炭水化物の摂取はできるため、体に無理がかかりません。

ラカントsは砂糖と同量で使用でき、カロリーがゼロですので、煮物、和え物など、砂糖を使いたい料理でしようできます。

 

コーヒーや紅茶などにラカントsを入れてのむことで食事の合間のお茶の時間もストレスなく楽しむことができます。

糖質制限ダイエットだけでなく、糖尿病などのカロリー制限食にもラカントsを使用してカロリーを抑えた生活で健康を維持しましょう。

 

>>ラカントSの詳細はこちらです<<
 

戦後日本が豊かになるにつれてアレルギーを発症する人は増えてきました。 食生活の欧米化による、野菜中心の食事から肉や砂糖、嗜好品などの摂取量が増えるのと同時に成人病の発症も増えました。

成人病の発症と共に増えたアレルギーですが、アレルギー体質の人の増加は木造家屋の風通しのいい家からコンクリートやサッシなどで機密性が高まり快適な家が多くなった半面、昔の家に比べ、ダニやカビなどの増殖も原因の一つであるといわれています。

 

それに加えて社会生活のストレスなどの心の問題も大きなウエイトを占めているとも言われています。

アレルギーはアレルギーと起こす原因となるものと接触することで発症しますが、気をつけて生活していてもアレルギーの原因となるものと一切接触せずに生活していくのはとても難しいことです。

また偏った食生活やストレスなどにより体内には老化やアレルギーの原因ともなるといわれている活性酸素が蓄積されていきます。

 

活性酸素は身体のさびともいわれ蓄積されることで体に悪影響を及ぼしますが、この活性酸素を取り除く力を生き物はもともと持っているとされています。

身体の悪いさびともいえる活性酸素を取り除いてくれる身体に備わったシステムがスーパーオキシドディズムターゼSODと呼ばれています。

ラカントsに使用されている羅漢果はこのSODの働きを活発化させる働きがあるとされています。

 

ラカントsはこの羅漢果の実から1%しか採れないという高純度羅漢果エキスを使用して羅漢果の効能を詰め込みました。

羅漢果高純度エキスを使用したラカントsはアレルギーをはじき返す身体、抗アレルギー体質を作るのにお役にたちます。

またラカントsの羅漢果の成分には気管支を広げる働きもあるためアレルギーから起きる喘息にも効果があるとされています。

 

羅漢果成分は、のどの粘膜の荒れなどにも効果があるためマスク、メガネ、ラカントsで花粉アレルギーや細菌などからのどを守りましょう。

 

>>ラカントSの詳細はこちらです<<
 

ラカントsは0カロリーで、他の甘味料に比べると甘くないので使い方が簡単です。

ラカントsの他でカロリーゼロの甘味料としてはシュガーカットゼロがありますがシュガーカットゼロは砂糖を原料としたスクラロースを主原料として作られていて砂糖の3分の1を目安に使います。

デンプンから作られる還元麦芽糖の結晶マービーは砂糖と同量で使用してカロリーは砂糖の2分の1で、熱を加えても味は変わりません。

 

ラカントsは他の甘味料に比べると甘くないため、砂糖と同量として使います。

砂糖と同量で使うため、使用するときに悩まなくてすむことが使いやすさのポイントでもあります。

ラカンカsは羅漢果のカラメルのような香りが少しするため、それが気になってしまう方もいらっしゃるようですが、香ばしくておいしいとおおむね好評です。

他の甘味料よりは甘くないためラカントsを半量、グラニュー糖を半量入れてコーヒーを飲まれる方もいらっしゃいます。

 

煮物などのお料理に使用するときも、砂糖同様に使用してコクをだすことができます。

ラカンカsを照り焼きなどの焼き物に使用する時に注意していただきたいことは、ラカンカsは焦げ目がつかないため程良い焦げ目と照りがほしい時はみりんなどを使用して照りを出しましょう。

また、パンなどイースト菌を使ったものはイースト菌がラカンカsを栄養として取り込んでくれないため砂糖を混ぜるなどしないとふっくらとした焼き上がりにはなりません。

 

スポンジケーキなどもラカンカsを砂糖の15%から30%くらいにするとふっくらと三温糖などを使ったような素朴な味わいに焼きあがります。

ラカントsの顆粒タイプは熱に強く、溶けやすいため火を使った料理に最適です。

ラカントsの液体タイプは冷静料理に手軽に使えます。

 

ラカントsが甘くないのは成分の99%を占めるエリトリトールが砂糖の甘さを1とした場合に0.75程度の甘さの度合いであるためです。

羅漢果は砂糖1に対して200程の甘さがあります。

 

>>ラカントSの詳細はこちらです<<
 

ラカントsは中国桂林西南部原産とするウリ科ラカンカ属の多年生つる植物、羅漢果(ラカンカ)の抽出物とブドウ、メロンなどの果物や味噌、しょうゆ、清酒などの発酵食品に含まれている糖アルコールの天然甘味料エリトリトールから作られた安全性の高い甘味料です。

 

甘味料の羅漢果について

羅漢果は昔から中国で乾燥させて砕いてから煎じて羅漢果茶として飲んだり甘味料として使われ、また漢方薬として高血圧、糖尿病、皮膚のトラブル、消炎作用にも効き、喘息などの薬としても用いられてきました。

 

ラカントsはそんなラカンカを抽出した高純度のエキスとエリトリトールから作られた甘味料でカロリーはゼロ、合成甘味料、着色料、保存料などの人工合成物は使用していません。

 

ラカントsに使用される羅漢果の安全性

ラカントsの羅漢果は契約栽培で決められた生産者のみの栽培であるため、品質管理も万全で行っており、製造は日本国内の品質管理を徹底した工場で製造し安全性を高めています。

 

また、安全性確認のための国内での残留農薬検査においてもラカントsの残留農薬は検出されていませんので安心です。

 

中国製食品から以前検出されて問題となった有機リン酸系殺虫剤メタミドホスや乾燥卵からメラミンが検出されてことがありますが、ラカントsはラカンカエキスとエリトリトールのみを原料とし、徹底した品質管理を行っているため、混入の心配はありません。

 

2013年に甘味料に対するアレルギーの報道がありましたが、アレルギーの発症率は100万人に1人に満たないとされ、消費者庁が表示を義務づける食品に比べてもアレルギーを起こす危険性は低く、アレルギーに対する表示は行われていませんが、ごくまれにエリスリトールはアレルギー反応を起こす可能性は0ではないため、不安のある方は安全性を考えて医師と相談の上使用することをおすすめします。

 

ラカントsは顆粒タイプと液状タイプがあり暖かいものには顆粒タイプ、冷たいものには液状タイプを使用するのがおすすめの使い方です。

 

>>ラカントSの詳細はこちらです<<