糖質制限ダイエットは危険?という話題がありましたね。

糖尿病の食事の場合はカロリー制限があるため、糖質制限食となりますが、ダイエットを目的とした行き過ぎた糖質制限食は健康に良くないという話がありました。

糖質制限ダイエットとはどういうものなのでしょうか。

 

糖質制限ダイエットは糖質、炭水化物を抜くダイエットです。

炭水化物の糖質は血糖値を上げますが、血糖値を下げるために膵臓からインシュリンが分泌されます。

血糖はエネルギーとして使われ使いきれなかった分はグリコーゲンとして肝臓や筋肉に蓄えますが、それでも余った糖を体脂肪に変えて蓄えるため炭水化物の摂りすぎは肥満につながります。

 

エネルギーが不足すると体脂肪がエネルギー源として使われるために痩せる、糖質制限ダイエットは評判となりました。

炭水化物を抜く代わりにタンパク質、野菜など他のものはお腹いっぱい食べられて空腹知らずのダイエットといわれていました。

しかし、炭水化物に比べてタンパクの消化は時間がかかり、量も必要となり、足りない分はタンパク質を構成しているアミノ酸から肝臓が糖を作りだします。

 

体重は減りますが、筋肉がやせていってしまい、肉や脂質の摂りすぎで悪玉コレステロールを増やしてしまう結果になるケースがあります。

普通にご飯、パンなど炭水化物をとりつつ効果的に糖質を抑える食事をするのに有効なのがラカントsです。

ラカントsを砂糖に置き換えて使用すると、血糖値は抑えられ必要な炭水化物の摂取はできるため、体に無理がかかりません。

ラカントsは砂糖と同量で使用でき、カロリーがゼロですので、煮物、和え物など、砂糖を使いたい料理でしようできます。

 

コーヒーや紅茶などにラカントsを入れてのむことで食事の合間のお茶の時間もストレスなく楽しむことができます。

糖質制限ダイエットだけでなく、糖尿病などのカロリー制限食にもラカントsを使用してカロリーを抑えた生活で健康を維持しましょう。

 

>>ラカントSの詳細はこちらです<<