ラカントsは0カロリーで、他の甘味料に比べると甘くないので使い方が簡単です。

ラカントsの他でカロリーゼロの甘味料としてはシュガーカットゼロがありますがシュガーカットゼロは砂糖を原料としたスクラロースを主原料として作られていて砂糖の3分の1を目安に使います。

デンプンから作られる還元麦芽糖の結晶マービーは砂糖と同量で使用してカロリーは砂糖の2分の1で、熱を加えても味は変わりません。

 

ラカントsは他の甘味料に比べると甘くないため、砂糖と同量として使います。

砂糖と同量で使うため、使用するときに悩まなくてすむことが使いやすさのポイントでもあります。

ラカンカsは羅漢果のカラメルのような香りが少しするため、それが気になってしまう方もいらっしゃるようですが、香ばしくておいしいとおおむね好評です。

他の甘味料よりは甘くないためラカントsを半量、グラニュー糖を半量入れてコーヒーを飲まれる方もいらっしゃいます。

 

煮物などのお料理に使用するときも、砂糖同様に使用してコクをだすことができます。

ラカンカsを照り焼きなどの焼き物に使用する時に注意していただきたいことは、ラカンカsは焦げ目がつかないため程良い焦げ目と照りがほしい時はみりんなどを使用して照りを出しましょう。

また、パンなどイースト菌を使ったものはイースト菌がラカンカsを栄養として取り込んでくれないため砂糖を混ぜるなどしないとふっくらとした焼き上がりにはなりません。

 

スポンジケーキなどもラカンカsを砂糖の15%から30%くらいにするとふっくらと三温糖などを使ったような素朴な味わいに焼きあがります。

ラカントsの顆粒タイプは熱に強く、溶けやすいため火を使った料理に最適です。

ラカントsの液体タイプは冷静料理に手軽に使えます。

 

ラカントsが甘くないのは成分の99%を占めるエリトリトールが砂糖の甘さを1とした場合に0.75程度の甘さの度合いであるためです。

羅漢果は砂糖1に対して200程の甘さがあります。

 

>>ラカントSの詳細はこちらです<<