糖尿病と診断されたら食事療法は欠かせません。

糖尿病は体内でエネルギーとして使用されるブドウ糖を血液中で運ぶ時の血糖値が高くなることを抑え常に一定の血糖値を保つために働く、膵臓から分泌されるインスリンがうまく働かなくなったり、分泌が不足してしまいいつも血糖値が高い状態になってしまいます。

 

糖尿病は常に血糖値が高いことで末梢血管を傷めやすくなり、動脈硬化、失明、腎臓病などさまざまな疾患を併発します。

糖尿病と診断されたら食事、運動、薬の3点セットで治療をしていかなければなりません。

長く付き合っていかなければならないのですから、なるべく無理せず続けていきたいものです。

糖尿病では特別食べてはいけない食品はありません。

カロリー控えめのある意味健康食ですので、いろいろな食品を組み合わせて食べる楽しみを忘れない生活にしたいですね。

 

糖尿病の食事療法で気をつけたいのはカロリーですが、それと共に摂取すると糖質に変わる炭水化物、糖質の摂取量です。

タンパク質や脂質は消化された後糖質に変わることはありませんが、糖質はブドウ糖として血糖となります。炭水化物や、糖類の食べ方に気をつけましょう。

糖尿病食のエネルギー比としては糖質約57%、脂質約25%、蛋白質18%程度が理想とされています。

 

糖尿病で糖質制限食をするには 経口血糖降下剤内服中の方やインスリン注射をしている方は低血糖昏睡など起こす危険性があるので医師と相談しましょう。

また合併症により腎機能の低下している方にも適していません。

 

糖質とカロリーを抑える糖尿病食の心強い味方がラカントsです。

ラカントsは活性酸素を抑えてくれる羅漢果エキスと天然甘味成分エリスリトールからできています。

甘みは砂糖とほぼ同じなので砂糖を使う感覚でラカントsを気軽に使用することができます。

 

天然甘味成分エリスリトールは小腸で吸収されても血中で吸収されることはなく、尿として排出されるので血糖値の上昇の心配がなく糖尿病の食事療法に適しています。

カロリーもゼロですので、砂糖と使う感覚で使用されるとよいでしょう。

 

>>ラカントSの詳細はこちらです<<