ヘルシア緑茶には高濃度茶カテキンがペットボトル1本あたり540mg含まれています。

カテキンは緑茶に含まれている成分で脂肪の燃焼を助けてくれ、ヘルシア緑茶を毎日1本飲み続けることでメタボリックシンドローム対策の力強い味方として登場しました。

ヘルシア緑茶に含まれているカテキンですが脂肪燃焼効果のほかにも、活性酸素の除去、有害物質の排出、アレルギー体質の改善などの効果も確認されています。

 

カテキンは花粉や、ハウスダスト、ダニなど吸い込むことで起きるヒスタミンの過剰分泌を抑え、アレルギー反応を軽減し得くれる効果があります。

アトピー性皮膚炎は食べ物のアレルギーやダニなどのハウスダスト、花粉などから発症し、大きくなると軽減していく方がいる反面、別のアトピー反応や喘息をおこしてしまうアレルギーマーチという状態に陥ってしまう方もいます。

 

アトピー性皮膚炎はそれぞれ原因物質に近付かないようにすることが第一ですので、医師の診断を受け自分が何アレルギーでアトピー反応を起こすのかをしっかりと把握することが大切です。

その上でアレルギーに対抗できる体質作りのためにカテキンを豊富に含むヘルシア緑茶を試していただくとよいでしょう。

 

その際に気をつけていただきたいことはヘルシア緑茶はカテキンと共にカフェインが80mg含まれているということです。

コーヒーなどを飲んで寝付けなくなってしまったり目がさえてしまったりする方は夕方や夜飲むのは控えましょう。

アトピーはお子さんに多いことからお子さんにヘルシア緑茶を飲ませることはどうなのか気になる親御さんもいらっしゃるかと思います。

 

急須で入れた緑茶にも、100ml当たり約20mg程のカフェインが入っているため、問題ないという声もあり、子供とカフェインの関係も実は医学的にはっきりとした見解は出ていません。

脳に刺激が強いので避けた方がいいという意見と、最近では子供はカフェインを大人より早く排出できるという見解も出ています。

 

子供の場合はアトピーの主治医に相談された上で決められた方がいいでしょう。

 

>>ヘルシア緑茶の詳細はこちらです<<