延命酢を使っておいしいサラダを食べましょう。

まず、基本のフレンチドレッシング、延命酢50ml、サラダ油100ml、塩小さじ2分の1から小さじ1、こしょう少々、酢と油は1:2の割合が基本です。

 

ボウルに延命酢、塩、こしょうを入れ泡立器で良く混ぜ、サラダ油を少しずつ入れ乳白色にとろみが出たら出来上がりです。

レモン風味のの分量はフレンチドレッシングにレモンの搾り汁大さじ2杯加えます。

イタリアンドレッシングはサラダ油をエキストラバージンオイルに代えてみます。

 

中華風ドレッシング、ゴマ油100ml、いりごま小さじ1、塩小さじ2分の1、しょうゆ小さじ1で風味をつけます。

和風のゆずこしょうドレッシング、延命酢50ml、サラダ油100ml、市販のゆずこしょう小さじ2、ボウルに延命酢、ゆずこしょう、好みでこしょう少々を入れ良く混ぜサラダ油を少しずつ入れてとろみがつくまでよく混ぜます。

 

酢と油の割合を1:2にしてよく混ぜて清潔な容器に入れて冷蔵庫で2週間程度は保存できます。

油の量を少なくしていくほど分離しやすくなりますので使い切るようにしましょう。

 

大根おろしのさっぱりドレッシング、延命酢50ml、しょうゆ大さじ3、ごま油大さじ1、大根おろし大さじ5、ボウルに材料を入れ混ぜたらごま油を入れてさらに混ぜます。

ガーリック風味のイタリアン、延命酢50ml、塩小さじ1、エキストラバージンオイル大さじ1、すりおろしにんにく小さじ1、ブラックペッパー少々、材料をすべてt混ぜます。

玉ねぎドレッシング、延命酢50ml、サラダ油50ml、しょうゆ大さじ3、スライスした玉ねぎ2分の1個分、玉ねぎ以外の材料を混ぜてから玉ねぎを加えます。

 

オーロラドレッシング、延命酢50ml、マヨネーズ大さじ1、ケチャップ大さじ1、 塩少々、こしょう少々を良く混ぜます。

すり下ろし玉ねぎのドレッシング、延命酢50ml、サラダ油70ml、塩小さじ1、こしょう少々、玉ねぎのすりおろし1個分、全て混ぜ合わせて玉ねぎをドレッシングになじませます。

 

>>延命酢の詳細はこちらです<<
 

糖尿病と診断されたら食事療法は欠かせません。

糖尿病は体内でエネルギーとして使用されるブドウ糖を血液中で運ぶ時の血糖値が高くなることを抑え常に一定の血糖値を保つために働く、膵臓から分泌されるインスリンがうまく働かなくなったり、分泌が不足してしまいいつも血糖値が高い状態になってしまいます。

 

糖尿病は常に血糖値が高いことで末梢血管を傷めやすくなり、動脈硬化、失明、腎臓病などさまざまな疾患を併発します。

糖尿病と診断されたら食事、運動、薬の3点セットで治療をしていかなければなりません。

長く付き合っていかなければならないのですから、なるべく無理せず続けていきたいものです。

糖尿病では特別食べてはいけない食品はありません。

カロリー控えめのある意味健康食ですので、いろいろな食品を組み合わせて食べる楽しみを忘れない生活にしたいですね。

 

糖尿病の食事療法で気をつけたいのはカロリーですが、それと共に摂取すると糖質に変わる炭水化物、糖質の摂取量です。

タンパク質や脂質は消化された後糖質に変わることはありませんが、糖質はブドウ糖として血糖となります。炭水化物や、糖類の食べ方に気をつけましょう。

糖尿病食のエネルギー比としては糖質約57%、脂質約25%、蛋白質18%程度が理想とされています。

 

糖尿病で糖質制限食をするには 経口血糖降下剤内服中の方やインスリン注射をしている方は低血糖昏睡など起こす危険性があるので医師と相談しましょう。

また合併症により腎機能の低下している方にも適していません。

 

糖質とカロリーを抑える糖尿病食の心強い味方がラカントsです。

ラカントsは活性酸素を抑えてくれる羅漢果エキスと天然甘味成分エリスリトールからできています。

甘みは砂糖とほぼ同じなので砂糖を使う感覚でラカントsを気軽に使用することができます。

 

天然甘味成分エリスリトールは小腸で吸収されても血中で吸収されることはなく、尿として排出されるので血糖値の上昇の心配がなく糖尿病の食事療法に適しています。

カロリーもゼロですので、砂糖と使う感覚で使用されるとよいでしょう。

 

>>ラカントSの詳細はこちらです<<
 

血糖値が高いと言われたことはありませんか。

どうしても、50歳代を超えると健康診断の結果が気になりますね。

そもそも血糖値とはどういうものなのでしょうか。

炭水化物や糖類などは小腸でブドウ糖として吸収されると血液にのって体中に運ばれます。

 

この血液の中のブドウ糖が血糖でブドウ糖の血液中の値が血糖値です。

ブドウ糖はエネルギー源として脳やその他の組織で使われますが、使い切れなかった分は肝臓でグリコーゲンとして蓄えられ、余分な部分は中性脂肪として蓄えられます。

血液中のブドウ糖は膵臓から分泌されるインスリンによって常に一定の濃度に保たれています。

 

食事の後は血糖値が上がるためインスリンの分泌は活発になります。

血糖値が高いイコール糖尿病と心配になりますが、多くの糖尿病の患者さんは突然糖尿病になるわけではなく、いつからか徐々に進行して気が付いたら糖尿病と診断されたというケースが多いようです。

糖尿病とは断定できないけれども、正常値よりは血糖値が高い人を境界型糖尿病といいます。

 

空腹時血糖値が110~126の間で、ブドウ糖負荷2時間値が140~200の間に入っている人は境界型糖尿病患者と考えられます。

この血糖値が高い状態を放置しておくと将来糖尿病になる確率が高く、動脈硬化が進んでいる人も多いので、食生活をはじめとした生活改善が必要となります。

 

血糖値が高い境界型糖尿病の場合、まだ糖尿病というわけではないので治療を必要としないケースが多いですが、予備軍であることを忘れてはいけません。

血糖値が気になりだしたらラカントsを砂糖の代わりに使用してみましょう。

ラカントsの成分は羅漢果の高純度エキスとナシなどの果物やワインやキノコなどに含まれる天然甘味成分エリスリトールからできています。

 

ラカントsの羅漢果は高純度の濃縮エキスですので、少量で体内の活性酸素を排除する働きをしてくれるといわれています。

またラカントsの99%を占めるエリスリトールは難消化性糖質という消化されにくい糖質で90%以上が尿として排出されるため血糖値の高い方にも安心してご利用いただけます。

 

>>ラカントSの詳細はこちらです<<
 

糖質制限ダイエットは危険?という話題がありましたね。

糖尿病の食事の場合はカロリー制限があるため、糖質制限食となりますが、ダイエットを目的とした行き過ぎた糖質制限食は健康に良くないという話がありました。

糖質制限ダイエットとはどういうものなのでしょうか。

 

糖質制限ダイエットは糖質、炭水化物を抜くダイエットです。

炭水化物の糖質は血糖値を上げますが、血糖値を下げるために膵臓からインシュリンが分泌されます。

血糖はエネルギーとして使われ使いきれなかった分はグリコーゲンとして肝臓や筋肉に蓄えますが、それでも余った糖を体脂肪に変えて蓄えるため炭水化物の摂りすぎは肥満につながります。

 

エネルギーが不足すると体脂肪がエネルギー源として使われるために痩せる、糖質制限ダイエットは評判となりました。

炭水化物を抜く代わりにタンパク質、野菜など他のものはお腹いっぱい食べられて空腹知らずのダイエットといわれていました。

しかし、炭水化物に比べてタンパクの消化は時間がかかり、量も必要となり、足りない分はタンパク質を構成しているアミノ酸から肝臓が糖を作りだします。

 

体重は減りますが、筋肉がやせていってしまい、肉や脂質の摂りすぎで悪玉コレステロールを増やしてしまう結果になるケースがあります。

普通にご飯、パンなど炭水化物をとりつつ効果的に糖質を抑える食事をするのに有効なのがラカントsです。

ラカントsを砂糖に置き換えて使用すると、血糖値は抑えられ必要な炭水化物の摂取はできるため、体に無理がかかりません。

ラカントsは砂糖と同量で使用でき、カロリーがゼロですので、煮物、和え物など、砂糖を使いたい料理でしようできます。

 

コーヒーや紅茶などにラカントsを入れてのむことで食事の合間のお茶の時間もストレスなく楽しむことができます。

糖質制限ダイエットだけでなく、糖尿病などのカロリー制限食にもラカントsを使用してカロリーを抑えた生活で健康を維持しましょう。

 

>>ラカントSの詳細はこちらです<<
 

戦後日本が豊かになるにつれてアレルギーを発症する人は増えてきました。 食生活の欧米化による、野菜中心の食事から肉や砂糖、嗜好品などの摂取量が増えるのと同時に成人病の発症も増えました。

成人病の発症と共に増えたアレルギーですが、アレルギー体質の人の増加は木造家屋の風通しのいい家からコンクリートやサッシなどで機密性が高まり快適な家が多くなった半面、昔の家に比べ、ダニやカビなどの増殖も原因の一つであるといわれています。

 

それに加えて社会生活のストレスなどの心の問題も大きなウエイトを占めているとも言われています。

アレルギーはアレルギーと起こす原因となるものと接触することで発症しますが、気をつけて生活していてもアレルギーの原因となるものと一切接触せずに生活していくのはとても難しいことです。

また偏った食生活やストレスなどにより体内には老化やアレルギーの原因ともなるといわれている活性酸素が蓄積されていきます。

 

活性酸素は身体のさびともいわれ蓄積されることで体に悪影響を及ぼしますが、この活性酸素を取り除く力を生き物はもともと持っているとされています。

身体の悪いさびともいえる活性酸素を取り除いてくれる身体に備わったシステムがスーパーオキシドディズムターゼSODと呼ばれています。

ラカントsに使用されている羅漢果はこのSODの働きを活発化させる働きがあるとされています。

 

ラカントsはこの羅漢果の実から1%しか採れないという高純度羅漢果エキスを使用して羅漢果の効能を詰め込みました。

羅漢果高純度エキスを使用したラカントsはアレルギーをはじき返す身体、抗アレルギー体質を作るのにお役にたちます。

またラカントsの羅漢果の成分には気管支を広げる働きもあるためアレルギーから起きる喘息にも効果があるとされています。

 

羅漢果成分は、のどの粘膜の荒れなどにも効果があるためマスク、メガネ、ラカントsで花粉アレルギーや細菌などからのどを守りましょう。

 

>>ラカントSの詳細はこちらです<<
 

ラカントsは0カロリーで、他の甘味料に比べると甘くないので使い方が簡単です。

ラカントsの他でカロリーゼロの甘味料としてはシュガーカットゼロがありますがシュガーカットゼロは砂糖を原料としたスクラロースを主原料として作られていて砂糖の3分の1を目安に使います。

デンプンから作られる還元麦芽糖の結晶マービーは砂糖と同量で使用してカロリーは砂糖の2分の1で、熱を加えても味は変わりません。

 

ラカントsは他の甘味料に比べると甘くないため、砂糖と同量として使います。

砂糖と同量で使うため、使用するときに悩まなくてすむことが使いやすさのポイントでもあります。

ラカンカsは羅漢果のカラメルのような香りが少しするため、それが気になってしまう方もいらっしゃるようですが、香ばしくておいしいとおおむね好評です。

他の甘味料よりは甘くないためラカントsを半量、グラニュー糖を半量入れてコーヒーを飲まれる方もいらっしゃいます。

 

煮物などのお料理に使用するときも、砂糖同様に使用してコクをだすことができます。

ラカンカsを照り焼きなどの焼き物に使用する時に注意していただきたいことは、ラカンカsは焦げ目がつかないため程良い焦げ目と照りがほしい時はみりんなどを使用して照りを出しましょう。

また、パンなどイースト菌を使ったものはイースト菌がラカンカsを栄養として取り込んでくれないため砂糖を混ぜるなどしないとふっくらとした焼き上がりにはなりません。

 

スポンジケーキなどもラカンカsを砂糖の15%から30%くらいにするとふっくらと三温糖などを使ったような素朴な味わいに焼きあがります。

ラカントsの顆粒タイプは熱に強く、溶けやすいため火を使った料理に最適です。

ラカントsの液体タイプは冷静料理に手軽に使えます。

 

ラカントsが甘くないのは成分の99%を占めるエリトリトールが砂糖の甘さを1とした場合に0.75程度の甘さの度合いであるためです。

羅漢果は砂糖1に対して200程の甘さがあります。

 

>>ラカントSの詳細はこちらです<<
 

脂肪の気になる方に脂肪燃焼効果を高めてくれるヘルシア緑茶が効果的であることはすっかり有名になりましたが、ヘルシア緑茶に含まれているカテキンはアレルギー体質の改善にも効果的です。

カテキンには体の老化に関係の深い活性酸素を除去する抗酸化作用があり、抗菌作用、整腸作用、虫歯・歯周の病、口臭予防、アレルギーの軽減などの効果があるとされています。

 

現在では日本の春の風物詩となっているスギを代表とする花粉症などのアレルギーにもカテキンは効果を発揮します。

スギやヒノキ、ブタクサなどの花粉が鼻や口、目などから体内に侵入すると、身体はそれらを敵が侵入してきたと認識し、身体に有害なものを排除するために細胞からヒスタミンが大量に放出されて、くしゃみや鼻水などを引き起こして体外に有害物質を排出しようとするのがアレルギー反応です。

 

ヒスタミンは細胞から細胞への伝達に使用される科学物質の一種で抗原抗体反応や炎症反応をひきおこすとされる物質、ケミカルメディエーターの一種です。

カテキンにはこのヒスタミンの放出を抑えアレルギー体質を改善する働きがあるといわれています。

ヘルシア緑茶にはこのカテキンが350mlのペットボトル1本当たり540mg含まれています。

カテキンにはアレルギー体質を改善する効果の他にも抗ガン作用と抗微生物作用もあるとされています。

 

緑茶を良く飲んでいる地域にはガンが少ないことが報告されています。

また、抗微生物作用として身体の中の毒素を排出し、毒素によって細胞や遺伝子が傷つけられるのを防ぐ効果があるため、紫外線や添加物、環境汚染などから守ってくれます。

カテキンの殺菌作用はお茶でうがいをすると風邪をひかないということでインフルエンザの流行時に話題になりました。

 

花粉をはじめさまざまな有害物質やそれにより起こるアレルギーなどに対抗できる体質作りに高濃度茶カテキンを含んだヘルシア緑茶を有効に活用しましょう。

 

>>ヘルシア緑茶の詳細はこちらです<<

 

ヘルシア緑茶には高濃度茶カテキンがペットボトル1本あたり540mg含まれています。

カテキンは緑茶に含まれている成分で脂肪の燃焼を助けてくれ、ヘルシア緑茶を毎日1本飲み続けることでメタボリックシンドローム対策の力強い味方として登場しました。

ヘルシア緑茶に含まれているカテキンですが脂肪燃焼効果のほかにも、活性酸素の除去、有害物質の排出、アレルギー体質の改善などの効果も確認されています。

 

カテキンは花粉や、ハウスダスト、ダニなど吸い込むことで起きるヒスタミンの過剰分泌を抑え、アレルギー反応を軽減し得くれる効果があります。

アトピー性皮膚炎は食べ物のアレルギーやダニなどのハウスダスト、花粉などから発症し、大きくなると軽減していく方がいる反面、別のアトピー反応や喘息をおこしてしまうアレルギーマーチという状態に陥ってしまう方もいます。

 

アトピー性皮膚炎はそれぞれ原因物質に近付かないようにすることが第一ですので、医師の診断を受け自分が何アレルギーでアトピー反応を起こすのかをしっかりと把握することが大切です。

その上でアレルギーに対抗できる体質作りのためにカテキンを豊富に含むヘルシア緑茶を試していただくとよいでしょう。

 

その際に気をつけていただきたいことはヘルシア緑茶はカテキンと共にカフェインが80mg含まれているということです。

コーヒーなどを飲んで寝付けなくなってしまったり目がさえてしまったりする方は夕方や夜飲むのは控えましょう。

アトピーはお子さんに多いことからお子さんにヘルシア緑茶を飲ませることはどうなのか気になる親御さんもいらっしゃるかと思います。

 

急須で入れた緑茶にも、100ml当たり約20mg程のカフェインが入っているため、問題ないという声もあり、子供とカフェインの関係も実は医学的にはっきりとした見解は出ていません。

脳に刺激が強いので避けた方がいいという意見と、最近では子供はカフェインを大人より早く排出できるという見解も出ています。

 

子供の場合はアトピーの主治医に相談された上で決められた方がいいでしょう。

 

>>ヘルシア緑茶の詳細はこちらです<<

 

ヘルシア緑茶は特定保健用食品の「からだの生理学的機能などに影響を与える成分を含んでいて、血圧、血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、お腹の調子を整えるのに役立つなどの特定の保健の効果が科学的に証明されている」として消費者庁長官の許可を受けた食品です。

 

ヘルシア緑茶での健康被害ではありませんがフランス、スペイン、カナダでヘルシア緑茶と同じカテキンの量のサプリメントを飲んで肝臓障害を起こした例が13件報告されています。

12件はサプリメント服用を中止することで症状が改善しましたが1件は肝臓移植を行うほどの事例で合ったため、フランスとスペインでは高濃度茶カテキンのサプリメントの販売を中止しました。

 

ヘルシア緑茶と同じ成分のサプリメントで肝障害を起こしたとなるとヘルシア緑茶も健康に悪影響を及ぼすのではないかと心配になりますね。

現在のところ日本ではヘルシア緑茶による健康被害は報告されていません。

ヘルシア緑茶は独立行政法人国立健康・栄養研究所において関与成分および作用機序についてマウスの実験で、「エネルギー消費、特に脂質の消費を促進することが確認された」としています。

 

また、普通体重から軽度肥満の健康な26から52歳の男性27名1日に1本、12週間連続してヘルシア緑茶を飲んでもらった結果健康状態に変化は見られませんでした。

次に普通体重から軽度肥満の健康な25から48歳の男性17名でカテキン150mgと580mgの2群に分けて1日に1本20週間飲み続けた結果血液検査に異常はなく体調不良になった人もいませんでした。

 

普通体重から肥満の健康な24から49歳までの男性38名をカテキン130 mg12名、カテキン540 mgの13名、烏龍茶13名で1日に1本、12週間飲み続けた結果血液検査に異常はなく、体調不良になった人もいませんでした。

30から65歳の男女80名の検査でも健康状態に悪影響を及ぼした例は出てきませんでした。

この結果をうけて国立健康・栄養研究所ではヘルシア緑茶が健康に悪影響を及ぼす結果は認められませんでした。

 

>>ヘルシア緑茶の詳細はこちらです<<

 

体内の脂肪の燃焼を助ける効果でメタボ対策に期待のかかるヘルシア緑茶ですが、便秘にも効果があることはあまり知られていないかもしれません。

便秘に悩まされている方は意外と多く、また繰り返すことも多いため、放っておくとお腹がはる、不快感などだけではなく、大腸ガンのリスクが高まるといわれています。

便が、長く大腸内に留まると悪玉菌が増え腸内環境が悪くなることでがんのリスクが増えます。

 

また、便秘で固くなった便を排出するためにいきんでしまうことで、血圧が上昇しますので血圧の高い方には危険です。

固い便を無理に排泄しようとすることで切れ痔やイボ痔などになる可能性も高いです。

排便のたびに痛みを伴う切れ痔などになると排便が辛くなり、排便を我慢することでますます便が固くなり便秘が深刻になるような状況は避けたいものです。

便秘薬を使用して排便を促すこともできますが、薬も使い続けるとだんだん効かなくなってくる場合があり、より強い便秘薬を使ったり便秘薬なしでは排便できないようになっても困りますので、できれば薬に頼らず自然にすっきりと便秘解消したいものです。

 

便秘解消には腸内環境を整えるビフィズス菌やオリゴ糖などが良く聞かれますが、ヘルシア緑茶に入っている茶カテキンも有効です。

カテキンは胃酸で溶かされず、小腸でも吸収されずに大腸まで届きます。

カテキンの持つ殺菌作用は大腸内の悪玉菌をやっつけてくれ、ビフィズス菌などの善玉菌を増やす働きをしてくれます。

 

善玉菌が増えることで大腸内の運動は活発になり、便秘解消になります。

また、善玉菌が増えることで便の悪臭が消え量も増えるといわれています。

ヘルシア緑茶にはカテキンがペットボトル1本で540mg入っています。

緑茶の効果は分かっているけど急須で入れるのは面倒だし、お茶の葉を捨てたりするのもいちいち面倒という方にはヘルシア緑茶は1日1本が目安ですのでとても手軽にカテキンをとることができます。

 

>>ヘルシア緑茶の詳細はこちらです<<