にんにくを使用した健康食品は沢山販売されていますが、「ちこり村の黒にんにく」が一部の方を中心に話題になっていますね。

発酵と熟成をさせたからもあると思いますが、黒にんにくなのに「高級なドライフルーツみたいな味わい」だと言われていて、通常販売されている黒にんにくとは違うみたいですね。

 

ちこり村の黒にんにくが他の黒にんにくとは違う理由は、日本で栽培されたにんにくを使用するのでは無く、アンデス山脈で栽培されたにんにく事も理由みたいですね。

アンデス山脈で栽培されていますが、特に原価を下げると言った意味合いでは無く、アンデス山脈のふもとはにんにくの栽培にとても適した環境だからです。

 

アンデス山脈のふもとはワインの生産地でも有名ですからね。

それに、ちこり村の黒にんにくを栽培している農家の方は、昔に日本からアンデスへと移られた日本人移民農家の方がこだわって栽培されているので、現地で適当に集められたアルバイトが栽培している商品とは根本的に違います。

 

ちこり村の黒にんにくは、ほのかな甘酸っぱさが人気で、あのにんにくの強く独特な臭いが残ると言った事は有りません。

ちこり村の黒にんにくを食べてみて、どうしても臭いが気になってしまう場合も、30分前後で消えますし、牛乳を軽く飲めば問題有りません。

 

>>ちこり村の黒にんにくは詳細はこちら