脂肪の気になる方に脂肪燃焼効果を高めてくれるヘルシア緑茶が効果的であることはすっかり有名になりましたが、ヘルシア緑茶に含まれているカテキンはアレルギー体質の改善にも効果的です。

カテキンには体の老化に関係の深い活性酸素を除去する抗酸化作用があり、抗菌作用、整腸作用、虫歯・歯周の病、口臭予防、アレルギーの軽減などの効果があるとされています。

 

現在では日本の春の風物詩となっているスギを代表とする花粉症などのアレルギーにもカテキンは効果を発揮します。

スギやヒノキ、ブタクサなどの花粉が鼻や口、目などから体内に侵入すると、身体はそれらを敵が侵入してきたと認識し、身体に有害なものを排除するために細胞からヒスタミンが大量に放出されて、くしゃみや鼻水などを引き起こして体外に有害物質を排出しようとするのがアレルギー反応です。

 

ヒスタミンは細胞から細胞への伝達に使用される科学物質の一種で抗原抗体反応や炎症反応をひきおこすとされる物質、ケミカルメディエーターの一種です。

カテキンにはこのヒスタミンの放出を抑えアレルギー体質を改善する働きがあるといわれています。

ヘルシア緑茶にはこのカテキンが350mlのペットボトル1本当たり540mg含まれています。

カテキンにはアレルギー体質を改善する効果の他にも抗ガン作用と抗微生物作用もあるとされています。

 

緑茶を良く飲んでいる地域にはガンが少ないことが報告されています。

また、抗微生物作用として身体の中の毒素を排出し、毒素によって細胞や遺伝子が傷つけられるのを防ぐ効果があるため、紫外線や添加物、環境汚染などから守ってくれます。

カテキンの殺菌作用はお茶でうがいをすると風邪をひかないということでインフルエンザの流行時に話題になりました。

 

花粉をはじめさまざまな有害物質やそれにより起こるアレルギーなどに対抗できる体質作りに高濃度茶カテキンを含んだヘルシア緑茶を有効に活用しましょう。

 

>>ヘルシア緑茶の詳細はこちらです<<

 

ヘルシア緑茶には高濃度茶カテキンがペットボトル1本あたり540mg含まれています。

カテキンは緑茶に含まれている成分で脂肪の燃焼を助けてくれ、ヘルシア緑茶を毎日1本飲み続けることでメタボリックシンドローム対策の力強い味方として登場しました。

ヘルシア緑茶に含まれているカテキンですが脂肪燃焼効果のほかにも、活性酸素の除去、有害物質の排出、アレルギー体質の改善などの効果も確認されています。

 

カテキンは花粉や、ハウスダスト、ダニなど吸い込むことで起きるヒスタミンの過剰分泌を抑え、アレルギー反応を軽減し得くれる効果があります。

アトピー性皮膚炎は食べ物のアレルギーやダニなどのハウスダスト、花粉などから発症し、大きくなると軽減していく方がいる反面、別のアトピー反応や喘息をおこしてしまうアレルギーマーチという状態に陥ってしまう方もいます。

 

アトピー性皮膚炎はそれぞれ原因物質に近付かないようにすることが第一ですので、医師の診断を受け自分が何アレルギーでアトピー反応を起こすのかをしっかりと把握することが大切です。

その上でアレルギーに対抗できる体質作りのためにカテキンを豊富に含むヘルシア緑茶を試していただくとよいでしょう。

 

その際に気をつけていただきたいことはヘルシア緑茶はカテキンと共にカフェインが80mg含まれているということです。

コーヒーなどを飲んで寝付けなくなってしまったり目がさえてしまったりする方は夕方や夜飲むのは控えましょう。

アトピーはお子さんに多いことからお子さんにヘルシア緑茶を飲ませることはどうなのか気になる親御さんもいらっしゃるかと思います。

 

急須で入れた緑茶にも、100ml当たり約20mg程のカフェインが入っているため、問題ないという声もあり、子供とカフェインの関係も実は医学的にはっきりとした見解は出ていません。

脳に刺激が強いので避けた方がいいという意見と、最近では子供はカフェインを大人より早く排出できるという見解も出ています。

 

子供の場合はアトピーの主治医に相談された上で決められた方がいいでしょう。

 

>>ヘルシア緑茶の詳細はこちらです<<

 

ヘルシア緑茶は特定保健用食品の「からだの生理学的機能などに影響を与える成分を含んでいて、血圧、血中のコレステロールなどを正常に保つことを助けたり、お腹の調子を整えるのに役立つなどの特定の保健の効果が科学的に証明されている」として消費者庁長官の許可を受けた食品です。

 

ヘルシア緑茶での健康被害ではありませんがフランス、スペイン、カナダでヘルシア緑茶と同じカテキンの量のサプリメントを飲んで肝臓障害を起こした例が13件報告されています。

12件はサプリメント服用を中止することで症状が改善しましたが1件は肝臓移植を行うほどの事例で合ったため、フランスとスペインでは高濃度茶カテキンのサプリメントの販売を中止しました。

 

ヘルシア緑茶と同じ成分のサプリメントで肝障害を起こしたとなるとヘルシア緑茶も健康に悪影響を及ぼすのではないかと心配になりますね。

現在のところ日本ではヘルシア緑茶による健康被害は報告されていません。

ヘルシア緑茶は独立行政法人国立健康・栄養研究所において関与成分および作用機序についてマウスの実験で、「エネルギー消費、特に脂質の消費を促進することが確認された」としています。

 

また、普通体重から軽度肥満の健康な26から52歳の男性27名1日に1本、12週間連続してヘルシア緑茶を飲んでもらった結果健康状態に変化は見られませんでした。

次に普通体重から軽度肥満の健康な25から48歳の男性17名でカテキン150mgと580mgの2群に分けて1日に1本20週間飲み続けた結果血液検査に異常はなく体調不良になった人もいませんでした。

 

普通体重から肥満の健康な24から49歳までの男性38名をカテキン130 mg12名、カテキン540 mgの13名、烏龍茶13名で1日に1本、12週間飲み続けた結果血液検査に異常はなく、体調不良になった人もいませんでした。

30から65歳の男女80名の検査でも健康状態に悪影響を及ぼした例は出てきませんでした。

この結果をうけて国立健康・栄養研究所ではヘルシア緑茶が健康に悪影響を及ぼす結果は認められませんでした。

 

>>ヘルシア緑茶の詳細はこちらです<<

 

体内の脂肪の燃焼を助ける効果でメタボ対策に期待のかかるヘルシア緑茶ですが、便秘にも効果があることはあまり知られていないかもしれません。

便秘に悩まされている方は意外と多く、また繰り返すことも多いため、放っておくとお腹がはる、不快感などだけではなく、大腸ガンのリスクが高まるといわれています。

便が、長く大腸内に留まると悪玉菌が増え腸内環境が悪くなることでがんのリスクが増えます。

 

また、便秘で固くなった便を排出するためにいきんでしまうことで、血圧が上昇しますので血圧の高い方には危険です。

固い便を無理に排泄しようとすることで切れ痔やイボ痔などになる可能性も高いです。

排便のたびに痛みを伴う切れ痔などになると排便が辛くなり、排便を我慢することでますます便が固くなり便秘が深刻になるような状況は避けたいものです。

便秘薬を使用して排便を促すこともできますが、薬も使い続けるとだんだん効かなくなってくる場合があり、より強い便秘薬を使ったり便秘薬なしでは排便できないようになっても困りますので、できれば薬に頼らず自然にすっきりと便秘解消したいものです。

 

便秘解消には腸内環境を整えるビフィズス菌やオリゴ糖などが良く聞かれますが、ヘルシア緑茶に入っている茶カテキンも有効です。

カテキンは胃酸で溶かされず、小腸でも吸収されずに大腸まで届きます。

カテキンの持つ殺菌作用は大腸内の悪玉菌をやっつけてくれ、ビフィズス菌などの善玉菌を増やす働きをしてくれます。

 

善玉菌が増えることで大腸内の運動は活発になり、便秘解消になります。

また、善玉菌が増えることで便の悪臭が消え量も増えるといわれています。

ヘルシア緑茶にはカテキンがペットボトル1本で540mg入っています。

緑茶の効果は分かっているけど急須で入れるのは面倒だし、お茶の葉を捨てたりするのもいちいち面倒という方にはヘルシア緑茶は1日1本が目安ですのでとても手軽にカテキンをとることができます。

 

>>ヘルシア緑茶の詳細はこちらです<<

 

ヘルシア緑茶は緑茶に含まれるカテキンが540mgという高濃度で入っている花王の消費者庁許可特定保健用食品、トクホ緑茶です。

脂肪の燃焼率を助けるとして体脂肪の気になりだした方に向けて2003年発売して以来健康ブームにのってメタボ対策としてヒットしました。

 

姉妹品

ヘルシア五穀めぐみ茶、ヘルシアウォーター、ヘルシアスパークリング、ヘルシアコーヒーなどの姉妹品も出ています。

 

ヘルシア緑茶は安全?

ヘルシア緑茶の安全性が問題視されたのは2003年から2007年にヘルシア緑茶と同じカテキン成分をサプリメントを飲み続けたことが原因とされる肝障害がフランス、スペイン、カナダで報告されてからです。

 

肝障害は合計で13件報告されましたが1例を除きサプリメントを飲むのをやめたことで症状は改善しました。

1件だけは肝臓移植を必要とする重篤なものであったため、フランスとスペインではこの高濃度茶カテキンを含んだサプリメントの発売を中止としました。

 

日本国内での安全性について

しかし、日本ではヘルシア緑茶を飲んだことによる健康障害の報告はありませんので、現在ヘルシア緑茶の安全性について疑問はでていません。

もともと、緑茶を飲む習慣がある日本人であるからか、お茶として飲んでいるのとサプリメントとして飲んでいたことの違いかについてはさだかではありません。

 

ただし、通常で緑茶を飲んでいるのに比べると多くのカテキンを摂取することになりますので、1日350mlを目安に飲むことを推奨しています。

ヘルシア緑茶を飲むことで脂肪の燃焼量は1.3倍に増えたことが確認されています。

 

安全性は確認できたとしても、ヘルシア緑茶はカフェインを約80mg含んでいますので、コーヒーを飲むと眠れなくなる体質の方は夜の飲料は控えた方がいいでしょう。

 

姉妹品のヘルシアコーヒーは高濃度茶カテキンではなくコーヒークロロゲン酸です。

このコーヒークロロゲン酸も脂肪燃焼力が1.3倍に増えるとコーヒー好きの間でヘルシア緑茶と同様の効果が期待されています。

 

>>ヘルシア緑茶の詳細はこちらです<<