ソイジョイは小腹がすいた時に食べる、ダイエット目的で食事の代わりに食べる方などいらっしゃるかもしれませんが実はソイジョイは便秘解消にも効くのです。

大豆をまるごと使ったソイジョイは大豆に含まれているイソフラボンを1本当たり14mgから15mg含んでいます。

 

イソフラボン理想摂取量は1日40mgから50mgです。

豆腐半丁150g、納豆なら1パック60gでイソフラボンの必要量が摂れますが、食事で必要量を摂れない時はソイジョイをプラスして補ってみるとよいでしょう。

 

イソフラボンはポリフェノールの一種で大腸まで届き、腸内の便秘の原因となる悪玉菌が増えるのを防ぎ、善玉菌を増やしてくれる働きをします。

 

腸内の環境を整え、腸が元気になることで便秘解消スッキリです。

 

イソフラボンはコレステロールを調整する働きもしてくれ、また老化の原因とも言える活性酸素の排出や増加を防ぐ効果もあり血液もサラサラにしてくれます。

便秘にも効いてコレステロールにも効く大豆イソフラボンは食生活の中にぜひ取り入れてほしい成分です。

 

また、ソイジョイには大豆成分の他にも食物繊維を含み栄養価の高いプルーン、バナナ、ストロベリー、ブルーベリー、パイナップル、りんご、マンゴーなどの果物も入っています。

いろいろな味があるため毎日食べても飽きがこなくて、おいしく食べられるのが食べ続けていける秘けつといえるでしょう。

 

また、片手で持って食べられるバータイプであること、かみごたえのある食感で満腹感を得られることもソイジョイが選ばれている理由のひとつです。

腸内環境を整えて便秘解消で快適な生活は健康な生活です。

 

ソイジョイにも入っている大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きをしてくれることで知られていますが、男性がイソフラボンを摂ったらどういう効果があるのでしょうか。

髪の毛は女性ホルモンですので、薄毛や抜け毛に悩んでいる方の症状を緩和してくれる働きがあるといわれています。

 

また、汗や異臭などの匂いは男性ホルモンが関係しているといわれているので効果が期待できます。

 
>>ソイジョイの詳細はこちらです<<
 

ソイジョイはまるごと大豆の栄養を摂取できることを目標に作られた大豆の良いとこ取りの食品です。

今注目のGI値、食物摂取後の血糖値の上昇率が低いことでも肥満や成人病のリスクを軽減すると期待を集めています。

 

大豆由来のソイジョイにはイソフラボンが含まれていて、肥満の防止につながりながら女性らしい体系作りにも役立つとされています。

ソイジョイに含まれているイソフラボンは大豆に含まれているポリフェノールの一種で、腸内環境を整え余分な脂肪を落としてくれる働きをしますが、女性ホルモンであるエストロゲンと似た働きをしてくれることでも知られています。

 

エストロゲンは卵胞ホルモン、女性ホルモンと呼ばれるバストアップなど女性らしい丸みのある体づくりに大きくかかわっているホルモンです。

思春期のエストロゲン分泌量が成人後のバストの大きさを左右するといわれるホルモンですが、更年期にさしかかると分泌量が減少していき、更年期障害などを引き起こします。

 

バストは乳腺繊維を守るように脂肪細胞が蓄えられており、バストアップには乳腺繊維の成長と脂肪細胞を増加させる必要があります。

乳腺を発達させる働きをするのがエストロゲンで、生理の前などに分泌量が増え胸の張りを感じる方がいるのはこのためです。

 

乳腺繊維にあるエストロゲン受容体といわれるものが、分泌されたエスロトゲンと結び付き乳腺繊維を発達させることでバストアップ効果を発揮するのですが、イソフラボンはエストロゲンと似た働きをしてくれるので、エストロゲン受容体に受け入れてもらえるためイソフラボンを摂取することでバストアップ効果を期待できるのです。

 

ソイジョイは大豆イソフラボンを含んでいるので腸内環境を整えてお腹をスッキリさせてくれる効果があるうえに、バストアップ効果や、エストロゲンによる肌のハリやつやつや効果も期待できます。

女性に優しいソイジョイはさまざまな味のテイストがあり飽きずに続けることができます。

 
>>ソイジョイの詳細はこちらです<<
 

ソイジョイの大豆イソフラボンは便秘解消にも効果が期待できます。

お腹は張って苦しい、すっきり感がなく太ってきたなど続くとつらい便秘状態の時、腸の中はどうなっているのでしょうか。

 

日本人の腸は消化吸収を行ってくれる25cmくらいの十二指腸と6mから7mくらいの小腸、小腸で消化しきれなかったものをさらに分解吸収し、残ったかすで便を作ってくれる2mから3mくらいの大腸が便を運び直腸を通って肛門から排出させます。

便を作って運んでいくのを大腸のぜんどう運動といいますが、善玉菌が多い元気な腸はぜんどう運動も活発に行います。

 

大腸は上行結腸、お腹を横切る横行結腸、下にさがる下行結腸、S字結腸、直腸ときて肛門という構造になっています。

加齢や運動不足などぜんどう運動が弱まると横行結腸の端の方で便が停滞しコロコロとした固い便がでます。

これは弛緩性便秘です。

 

ストレスが溜まるとぜんどう運動が強くなりすぎて腸がけいれんをおこしてしまい、下痢と便秘を繰り返すような症状をけいれん性便秘といいます。

直腸付近まで運ばれた便が時間がなくて便意を我慢したりして排便のタイミングを逃し続けて便が固くなってしまった状態は直腸性便秘といいます。

 

腸内環境を整え、腸のぜんどう運動を正常に導いてやることができれば便秘はかなり改善されます。

ソイジョイの大豆イソフラボンは抗酸化作用で活性酸素を減らして新陳代謝を高めてくれる働きをします。

 

代謝が高まると腸内活動も活発になり腸のぜんどう運動も正しく行われるようになり便秘を解消してくれます。

後は適度な運動と排便時間をなるべく決めて習慣づけ、排便のチャンスを逃さないようにしましょう。

 

ソイジョイは大豆まるごとにブルーベリー、アップル、トマト、バナナ、マンゴーなどさまざまなドライフルーツを加え気分によってさまざまな味を選ぶことができます。

また、ドライフルーツはちょっと苦手という方にはドライフルーツを使用していないピーナツが新しく仲間入りしました。

しっかりとした新しい食べ応えのソイジョイです。

 
>>ソイジョイの詳細はこちらです<<
 

朝忙しかったりすると、ついつい朝ごはんをぬいてでかけてしまったりしていませんか?

朝ごはんは1日の始まりの活力源ですのでなるべく抜かずに食べたいところですが、時間の余裕がない時などは手軽に摂れるソイジョイがとても便利です。

 

ソイジョイは大豆をまるごと使っているため、畑の肉ともいえるタンパク質、ビタミン、ミネラル、食物繊維に大豆イソフラボンが1本にきゅっと詰まっています。

また、大豆に加えてプルーンなら鉄分、バナナならカルシウム、オレンジなら葉酸と加えるフルーツによって摂りたい栄養素を選ぶこともできます。

 

また、ソイジョイは最近注目を集めているGI値、グリセミック・インデックスが低い食品であることも健康志向にマッチしています。

GI値とは食物を摂った後の血糖値の上昇する値のことでGI値が低いほど糖尿病のリスクや肥満のリスクが少ないといわれています。

 

GI値は70以上が高いものとされ、精白米88、食パン95、うどん85、コーンフレーク75、ジャガイモ90など穀類やイモ類が高めです。

56から69は中程度とされかぼちゃ65、長いも65、サトイモ64、アイスクリ―ム65などです。

 

GI値が55以下のものは低いに分類され、野菜類、全粒穀物, ナッツ、肉・魚類、豆類と分類されています。

GI値の低いものから食べていくようにすると血糖値の上昇は緩やかに抑えられ満腹感も続くため腹もちも良いとされています。

 

朝ごはんにソイジョイはGI値から見ても、とても健康的な選択のひとつであるとも言えるでしょう。

ソイジョイは1袋あたり135カロリーから140カロリー弱くらいですので成人の朝ごはんの目安を500カロリー前後と考えるとソイジョイ2本に水分か、ソイジョイ1本に牛乳200mlで134カロリー、普通のバナナ1本100カロリーという組み合わせも手軽でよいかもしれません。

ただし葉酸プラスオレンジ味は1日1本を目安とします。

 
>>ソイジョイの詳細はこちらです<<
 

ソイジョイは大豆のいいところをまるごと取り込むことができる栄養補助食品です。

大豆は昔から畑の肉といわれタンパク質など栄養価が高いと評価されてきましたが、中でもソイジョイに含まれている大豆イソフラボンは花粉症などのアレルギー症状の改善に役立つといわれています。

 

花粉症の症状を軽くしてくれるといわれている栄養素の例としてビタミン、ミネラル、ポリフェノールが注目を集めています。

イソフラボンは食物繊維ポリフェノールの一種で、老化の原因とも言われる活性酸素を除去してくれる抗酸化作用があります。

 

その抗酸化作用で鼻粘膜の炎症を抑えてくれるため、花粉症などによるアレルギー性鼻炎に効果があるといわれています。

さらに花粉などを体外に排出するために細胞から飛び出してくるくしゃみや鼻水の原因となるヒスタミンの分泌を抑えてくれる働きがあるため、花粉症などのアレルギー対策に有効とされています。

 

また、イソフラボンは女性ホルモンとよく似た働きをしてくれることでも知られています。

ガンの予防や骨粗しょう症の予防など、若さを保つ栄養素の一つです。

 

女性ホルモンに似た働きをしてくれるといっても、女性限定で有効なわけではなく男性にとっても有効に働いてくれます。

ソイジョイの大豆効果で辛い花粉の季節の予防策の一つとして期待したいところです。

 

ソイジョイにはピーナツ、フルーツトマト、ストロベリー、ブルーベリー、マンゴーココナツ、バナナ、プルーン、カカオオレンジなどバラエティに富んだ種類の味があるためいろいろな味を楽しんで飽きることなく食べることができます。

 

ここで注意していただきたいところは、ソイジョイのイソフラボンがアレルギー抑止効果があるといっても、ソイジョイに含まれる大豆、卵、乳製品をはじめバーごとに入っている原料中の各フルーツ、ピーナッツに対するアレルギーのある方はソイジョイを食べることはお控えいただきたいということです。

 
>>ソイジョイの詳細はこちらです<<