なた豆は、歯槽膿漏や口臭、腎臓病や蓄膿症、アトピーや鼻炎と非常に幅広い効能が認められていますが、スーパー等で販売されて居ないのは何故でしょうか?

その答えは、なた豆には非常に強いアクが有るので調理が難しいからです。

 

敏感な人によっては、アク抜きが十分で無いと、嘔吐感や一過性の下痢、ニキビのような吹き出物が見られる場合が有るからかも知れませんからね。

その事がきっかけで体調不良を訴える人が出て来ると思います。

 

それ位なた豆茶には強いアクが有るので、「なた豆には効能以前に、副作用が有るのでは無いか?」と心配されるような事が出て来るのかも知れませんね。

 

では、市販されているなた豆茶は大丈夫なのか?

なた豆茶のなた豆には、「カナバリン」「コンカナバリンA」「サポニン」と呼ばれる腎臓病や歯槽膿漏等に効能が認められた成分が含まれています。

しかし、強力な効能が有る分、摂り過ぎてしまうと一過性の下痢や嘔吐感、吹き出物等の症状が見られる事が有ります。

 

このなた豆の副作用を心配してしまう程の作用は、十分な水洗いや焙煎によって無効化する事が可能です。

なので、市販されているなた豆茶には副作用等の心配は有りません。

 

一般的に市販されているなた豆茶は、なた豆をしっかりと水洗い等した後に十分に焙煎されてから加工されているので、副作用が心配される位のアクは残っていません。

また、現在市販されているなた豆茶は、市場に出荷される前に副作用等の心配が無いか検査を受けた上で出荷されているので、なた豆の副作用を心配する必要は有りません。

 

それ位なた豆には強いアクが有るので、効能を期待して個人で不十分な調理をした物には不安が残りますね。

個人な意見で恐縮なのですが、なた豆茶は市販されている物を飲む事を推奨します。

 

長文になりましたが、最後まで読んで頂いて感謝します。
>>なたまめ茶の詳細はこちら

なた豆茶の腎臓への効能が認められている理由は、主に「ウレアーゼ」や「コンカナバリンA」と呼ばれる成分によるもので、腎臓病等による腎臓の炎症を和らげ、腎機能向上を促進する働きが有るからです。

また、なた豆の「カナバニン」と呼ばれる成分には、排膿作用と抗炎症作用が認められています。

 

ミネラルも豊富に含まれるいるので、利尿作用や血行を促進する働きも有り、腎臓に溜まりやすい老廃物を効率良く排出出来るようにしてくれます。

 

なた豆茶に含まれる「ウレアーゼ」の効能 腎臓病への効果

なた豆の「ウレアーゼ」と呼ばれる酵素には、体に溜まった膿や尿素をアンモニアと二酸化炭素に分解する働きが有り、腎臓病や蓄膿症、歯槽膿漏等に効果が有ります。

更に、歯周病や口臭予防、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎、ニキビ等の吹き出物や関節痛、通称メタボにも効果が有ります。

 

なた豆茶に含まれる「コンカナバリンA」の効能 腎臓病への効果

なた豆茶の含まれる「コンカナバリンA]には、花粉症等のアレルギー症状や、アトピー性皮膚炎等のアトピーを改善する働きも有り、発がん性物質の抑制作用も有ります。

腎臓には、体内の老廃物を濾すフィルターのような役割が有り、体内に溜まった膿は血液中の白血球がその働きを終えた物で、老廃物の1つでも有ります。

 

なた豆茶を飲む事で、効率良く体内の老廃物を排出し、健康維持していきたいですね。

なた豆茶の腎臓への効能を期待して飲む時に注意しておきたいのが、毎日継続して飲む事ですね。

 

薬では無いので副作用の心配は要りませんし、毎日飲む事で効率よく体内の毒素を排出する事も可能です。

長文になりましたが、最後まで読んで頂いて感謝します。

 

>>なたまめ茶の詳細はこちら