ラカントsは中国桂林西南部原産とするウリ科ラカンカ属の多年生つる植物、羅漢果(ラカンカ)の抽出物とブドウ、メロンなどの果物や味噌、しょうゆ、清酒などの発酵食品に含まれている糖アルコールの天然甘味料エリトリトールから作られた安全性の高い甘味料です。

 

甘味料の羅漢果について

羅漢果は昔から中国で乾燥させて砕いてから煎じて羅漢果茶として飲んだり甘味料として使われ、また漢方薬として高血圧、糖尿病、皮膚のトラブル、消炎作用にも効き、喘息などの薬としても用いられてきました。

 

ラカントsはそんなラカンカを抽出した高純度のエキスとエリトリトールから作られた甘味料でカロリーはゼロ、合成甘味料、着色料、保存料などの人工合成物は使用していません。

 

ラカントsに使用される羅漢果の安全性

ラカントsの羅漢果は契約栽培で決められた生産者のみの栽培であるため、品質管理も万全で行っており、製造は日本国内の品質管理を徹底した工場で製造し安全性を高めています。

 

また、安全性確認のための国内での残留農薬検査においてもラカントsの残留農薬は検出されていませんので安心です。

 

中国製食品から以前検出されて問題となった有機リン酸系殺虫剤メタミドホスや乾燥卵からメラミンが検出されてことがありますが、ラカントsはラカンカエキスとエリトリトールのみを原料とし、徹底した品質管理を行っているため、混入の心配はありません。

 

2013年に甘味料に対するアレルギーの報道がありましたが、アレルギーの発症率は100万人に1人に満たないとされ、消費者庁が表示を義務づける食品に比べてもアレルギーを起こす危険性は低く、アレルギーに対する表示は行われていませんが、ごくまれにエリスリトールはアレルギー反応を起こす可能性は0ではないため、不安のある方は安全性を考えて医師と相談の上使用することをおすすめします。

 

ラカントsは顆粒タイプと液状タイプがあり暖かいものには顆粒タイプ、冷たいものには液状タイプを使用するのがおすすめの使い方です。

 

>>ラカントSの詳細はこちらです<<
 

酢がダイエットに効くという話は聞いたことがありますが、酢はなぜダイエットに聞くといわれているのでしょうか。

酢がダイエットに聞くといわれている理由の一つは酢の成分である酢酸です。

 

酢酸とダイエットの関係

酢酸は体内でクエン酸になり、体内のエネルギー工場というべきクエン酸サイクルに必要とされています。

 

クエン酸の働き

クエン酸サイクルは食物がさまざまな消化工程を経てクエン酸になり、細胞内のミトコンドリア内でクエン酸がcis-アコニット酸 となりイソクエン酸へ、さらにアルファケトグルタル酸 になりコハク酸、フマル酸、 リンゴ酸 、オキサロ酢酸と8種類の酸に変化しまたクエン酸になるという循環を繰り返すことを言います。

 

この過程で栄養素は尿や汗の水分、呼気の炭酸ガス、エネルギーの熱を発生させています。

クエン酸サイクルがうまく回っているとエネルギーを消費しダイエットになり、疲労回復効果があります。

 

クエン酸サイクルを手っ取り早く回すため酢の持っている酢酸はダイエットにも効くのです。

 

延命酢のその他の有効成分について

また酢の成分の中のアミノ酸リジン、プロリン、アラニン、アルギニンは脂肪の燃焼を助けてくれます。

また、身体を弱アルカリ性に保ってくれる働きがあり、むくみをとってくれます。

 

1日当たり大さじ1杯の酢を飲み続けることでダイエット効果が期待できるといわれています。

そんな中、楽天市場で酢の売れ上げナンバー1に輝いたのが延命酢です。

 

延命酢がダイエットサポートに良いと言われている理由は?

延命酢は富士山の近く静岡県静岡市葵区東鷹匠町で昭和8年から営業を続けている有限会社近藤酢店、通称マルヤスで製造している静岡名産のみかんを使った酢です。

 

みかんを酢酸発酵させた果実酢に天然のはちみつなど人工物や保存料を使わずに作った酢なので開封後は冷蔵庫に保存し早めに使用しなくてはなりませんが安心して使うことができます。

 

延命酢の酸度は2.0%と普通の穀物酢4%より少なめですが、扱いやすく、小さな子どもからお年寄りまで幅広く利用できます。

なお、延命酢はみかんを原料としていますが通常の酢でみかんの香りはしません。

 

>>延命酢の詳細はこちらです<<
 

ヘルシア緑茶は緑茶に含まれるカテキンが540mgという高濃度で入っている花王の消費者庁許可特定保健用食品、トクホ緑茶です。

脂肪の燃焼率を助けるとして体脂肪の気になりだした方に向けて2003年発売して以来健康ブームにのってメタボ対策としてヒットしました。

 

姉妹品

ヘルシア五穀めぐみ茶、ヘルシアウォーター、ヘルシアスパークリング、ヘルシアコーヒーなどの姉妹品も出ています。

 

ヘルシア緑茶は安全?

ヘルシア緑茶の安全性が問題視されたのは2003年から2007年にヘルシア緑茶と同じカテキン成分をサプリメントを飲み続けたことが原因とされる肝障害がフランス、スペイン、カナダで報告されてからです。

 

肝障害は合計で13件報告されましたが1例を除きサプリメントを飲むのをやめたことで症状は改善しました。

1件だけは肝臓移植を必要とする重篤なものであったため、フランスとスペインではこの高濃度茶カテキンを含んだサプリメントの発売を中止としました。

 

日本国内での安全性について

しかし、日本ではヘルシア緑茶を飲んだことによる健康障害の報告はありませんので、現在ヘルシア緑茶の安全性について疑問はでていません。

もともと、緑茶を飲む習慣がある日本人であるからか、お茶として飲んでいるのとサプリメントとして飲んでいたことの違いかについてはさだかではありません。

 

ただし、通常で緑茶を飲んでいるのに比べると多くのカテキンを摂取することになりますので、1日350mlを目安に飲むことを推奨しています。

ヘルシア緑茶を飲むことで脂肪の燃焼量は1.3倍に増えたことが確認されています。

 

安全性は確認できたとしても、ヘルシア緑茶はカフェインを約80mg含んでいますので、コーヒーを飲むと眠れなくなる体質の方は夜の飲料は控えた方がいいでしょう。

 

姉妹品のヘルシアコーヒーは高濃度茶カテキンではなくコーヒークロロゲン酸です。

このコーヒークロロゲン酸も脂肪燃焼力が1.3倍に増えるとコーヒー好きの間でヘルシア緑茶と同様の効果が期待されています。

 

>>ヘルシア緑茶の詳細はこちらです<<